トップページ > 永住ビザコラム > 転職したばかりでは永住ビザ取得は難しい?

転職したばかりでは永住ビザ取得は難しい?

“〇年”という期限なく日本に住む権利が与えられる「永住ビザ」。長く日本に住んでいるのであればぜひとも取得したいビザですが、審査が厳しいことでも有名ですよね。そして今回は、“転職したばかりで永住ビザを取得するのは難しいのか?”という問いにお答えしていきたいと思います。転職したけれど永住ビザを申請したい、という方はぜひ参考にしてみてください。

結論|“転職したばかり”というだけで不許可になることはない

結論から申し上げますと、“転職したばかり”だからと言って、永住ビザ取得の難易度がグンっと上がるわけではありません。ただし、「転職した」ということが審査に“影響する可能性はあります”。

 

例えば、下記のようなケースに該当する場合です。

1.転職後に収入が下がった場合

2.転職後の収入は上がったが、雇用形態が不安定になった場合

(正社員からフリーランス・派遣社員など)

1.転職後に収入が下がった

会社の雰囲気や人間関係など、前の会社が合わなくて辞めてしまった、という方もいらっしゃるかと思います。キャリアアップが目的の転職でない場合、転職後に収入が下がるケースもありますよね。この場合、審査に影響する可能性は大いにあります。もちろん、収入に合った支出かつ公的負担となる恐れがなければ許可は下りますが、極端に下がってしまった場合は“収入が不安定”と見なされ不許可になることもあるので注意してください。収入が下がった転職をした場合は最低1年は待ってから申請をおすすめします。

2.転職後に収入は上がったが、雇用形態が不安定になった

近年は働き方が多様化していますが、永住ビザ申請ではやはり「正社員」という雇用形態が一番“安定している”と判断されています。逆に言うと、正社員からフリーランス・派遣社員などに雇用形態が変わった場合、収入が上がったとしても“収入が不安定”と見なされるケースもあるということです。

できれば今の状況が落ち着くまで待とう

このように、“転職した”という事実は少なからず審査に影響を与えます。そのため、そこまで申請を急いでいないのであれば、“今の状況が落ち着くまで待つ”ことをおすすめします。

 

特に「転職後に収入は上がったけど雇用形態が不安定になった人」の場合、申請を少し待って(1年程度)、今の状態で働き続けることによって、”安定した収入がある“ということを証明することができます。(転職後の生活が3ヵ月しかない人と1年ある人、どちらが信用しやすいか?と聞かれれば答えは明確ですよね。)

まとめ

今回は、転職したばかりの永住ビザについてお伝えしていきました。転職で年収が上がった方は転職したからといって審査が不利になるわけではありませんが、転職後の収入や雇用形態によっては審査結果に影響する可能性もあります。できれば今の生活が落ち着いてから申請することをおすすめしますが、どうしてもこのタイミング!という場合は行政書士などの専門家に依頼するのが賢明でしょう。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。※完全予約制

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

サイト運営者

サイト運営者

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。